日焼け後のケア

 

夏になると必ず出てくる悩みが日焼け。
日焼けをしたくない方が大半で、日焼けをしないように予防はしているが、うっかり忘れてしまった。や、思っていた以上に焼けてしまった。などの問題が発生することも少なくないでしょう。
JR茨木にあるサロンでも教えてもらったんですが日焼け後の正しいケアは、大きく分けて3つ。
冷やす、保湿、水分補給。
まずは、冷やす。日焼けした肌は軽い火傷をしたのと同じ状態になっています。炎症が起きている状態なので冷やして炎症の進行を抑えましょう。そのままにしておくと、腫れの原因になったりもします。
そして、保湿。水分が奪われている状態なので乾燥や、シワのトラブルに繋がってしまいます。いつもの倍以上の化粧水をお肌にしっかり押さえ込みながら浸透させ保湿ましょう。この時コットンを使うと繊維でお肌を傷つけてしまうこともありますので手で化粧水をつけることもポイントです。化粧水の後は、乳液やクリームで水分が蒸発しないようにしっかり閉じ込めます。日焼け直後のお肌は水分の蒸発が特に早いので気をつけましょう!
最後は、水分補給です。日焼け後はお肌だけでなく体内の水分も不足しています。しっかり水分補給をすることで、体の水分量も上がりお肌の保湿にも繋がります。
また、お肌の日焼けを気にされる方はたくさんいると思いますが、頭皮も日焼けすることをお忘れなく!特に、つむじや分け目はお顔以上に日焼けしやすくなっています。日焼けした頭皮はお肌と同じトラブルが起きると同時に白髪や薄毛、抜け毛の原因にも繋がります。日傘や帽子をかぶることも頭皮の日焼け対策のひとつですが、頭皮にも使える日焼け止めスプレーもありますのでしっかり対策をしましょう。
紫外線を浴びると、活性酸素が発生するので老化の原因にも繋がります。日焼けをしない予防をしっかりすることが一番ですが、日焼けをしたからといって諦めるのではなく、日焼け後のケアを正しい方法ですることによってダメージを最小限に抑えることができます。